美味しい食事

東京のオフィス街

東京23区の広さは丁度シンガポールと同じくらいの広さです。
繁華街は山手線の沿線沿いに点在しています。
東京の繁華街の特徴はそれぞれが地域の伝統を継承しており、個性的なところにあると思われます。
東京にある繁華街の特徴はいずれもターミナル駅の周辺で発展していることです。
渋谷のように若者を中心として街自体がどんどん変化していくところから、東京駅周辺のように大人がゆとりを持って時間を過ごせるところまで幅広く人を集めています。
新宿は新宿として百貨店の集積が進んでおり、買い物客がその延長戦で楽しめる施設が充実しています。
上野はどちらかというと最近は文化の香りを色濃く出すところになっています。
池袋も遅まきながら新しい価値観を打ち出そうとしています。

現在の東京は江戸時代に江戸幕府が開設したことによって今日に至っているということが言えます。
1603年に徳川家康が江戸に幕府を創設して以来1867年の大政奉還まで260年以上政治の中心としての役割を果たしてきました。
その間、天皇陛下は京都におられ、文化の中心としての役割を担っていました。
江戸幕府は参勤交代制度で江戸に大名の家族を人質にとると同時に莫大な費用を費消させてたい対抗勢力の勃興を防いでおりました。
明治維新後は関東大震災や第二次世界大戦の東京大空襲で壊滅的な打撃を受けましたが、そのたびに首都復興に優先的に取り組んだ政府の政策の恩恵で早期の回復を果たし、その後の高度経済成長を経て、今日の世界に誇る都市となっています。